2012/05/31

モリッシーは「『言葉』がある、そして『行動』がある。この中の誰か、証明しろ!」と言った。

モリッシー、来日する前から今回は日本人に愛だけを与えに来ようと決めていたんじゃないかな。最近回ってる国よりたくさん「アイラブユー」を連発していたようだ。

特に恵比寿での最後の「アイラブユー・トーキョー!」には殺られた!心の臓にぐさっときた!あれがホントに本気のI love youだったことは会場にいる人全員に伝わった。

ある程度長く日本に滞在していたんだから、いろいろ見えてきて言いたいこともあったと思うけど、皮肉っぽいことも言わずに、へんてこ野次を飛ばすオーディエンスにも寛大だったモリッシー。素直にありがとう。でも次回はちょっとくらい問題発言してみてね♡

そんなモリッシーがたぶん一度だけ、最終日の恵比寿で私たちに強いメッセージを発した。

"Alma Matters"を超はじけて遊びゴコロ変声満載で歌ったあと・・・

"Words, words words. There're words, and there're 'actions.' Which one of you...prove it!"
「言葉、言葉、言葉・・・。『言葉』がある、そして『アクション(行動)』がある。この中の誰か(一人)・・・証明しろ!」

あえて「証明しろ!」と命令形で訳してみました。Mozは普段こういう強い口調で言う人ではないけれど、実際ここではかなり強い口調だった。そこがまたかっこよくて♡

"actions"と複数形にしたところがミソで、これは「行動」形態は1つではないってこと。
"which one of you"と彼があえて言ったのは、「この中の全員にやれなんて言わない、誰か一人でも手をあげてくれ」というニュアンスと考えていいと思う。

そう、モリッシーは会場にいる私たちひとりひとりに向かって問いかけてきたのだ。Youtubeにはあがっていないようなので音源もっている人はぜひ聞いてみてください。

そして僕を見て!Action is My Middle Nameそのまんまでしょ?って自信満々のモズ、53歳のお誕生日おめでとう♡(「もう誕生日じゃない!」なんていわないでね♡)
いまの彼にぴったりでチャーミングすぎるこの曲については次回。

Actionといえば、その後のどこかの国でバンドメンバーが着ていたAction T欲しいな~。

0 件のコメント:

コメントを投稿