2012/06/03

モリッシーは「タスケテ!タスケテ!タスケテ!」と言った。

4月24日Zepp Tokyo2日目。ステージに現れたモリッシーは、開口一番「タスケテ!タスケテ!タスケテ!」と言ってからThe Smithsの"How Soon is Now"を歌った。

まずはその映像を!
Morrissey ~ Japan Tour 2012 24th April Zepp Tokyo 

何このパフォーマンス!す、すごすぎる!!かっこよすぎでしょ!!!
両肩を上げてゆっくりクルクル回るところ!マイクコードを鞭のように床に打ち付けたかと思えば、水しぶきをあげるように放り上げる。このコードさばき、いつも多かれ少なかれやっているけど、この時は振り付けされていたかのような無駄のない所作・・・。

そして、コードを首に巻きつけてひっぱる衝撃のパフォーマンスへ(03:43~)!か、過激すぎ!オ~ママ!!

こんなパフォーマンス、よそでやってないのに何で東京でやったのモリッシー!?何時何分何曜日地球が何回回った時これやろうと決めたの!?それとも完全即興だったの!?
この「ヘルプ!」は彼自身の叫び!?人類全般!?それとも動物!?

最初にクルクル回る所は、モズの体格から「ミート・イズ・マーダー」の吊るされた牛をまんま想像してしまったけれど、第一印象はモズにリストカットした傷跡を見せられたような感覚だった。しかし50代になってこんなパフォーマンスをしてしまうモズって一体何者・・・。ヤヴァい、ヤヴァすぎる。

この不滅の名曲"How Soon is Now"、モズと一緒に強くなっていきこのツアーでしかも東京でひとつの究極の形をつくりあげてしまった。私はこれ以上のバージョンを望まないけれど、この曲をライブで演り続けていったら、もっとすごいことになるのかもしれない。これからもこの曲から目が離せないな。

Katieさん、よくぞこの映像を撮ってくれました!永久保存します♡
ライブ行ったらみなさん、この曲(とSpeedwayとPleasex3)は忘れずにyoutubeお願いしま~す♪
youtube, youtube, youtube!

0 件のコメント:

コメントを投稿