2012/06/20

Morrissey "Ganglord"




先日「モリッシー、ジェシーを作曲に導いて」とか何とか書いたあとすぐ、このビデオでモリシーとジェシー(ですよね?)のレアなダンスシーン発見!同期Meow♡

インタビューでミュージックビデオのディレクションは監督におまかせみたいなことを言っていたと思うけど、この2人のワルツ、監督の指示だったのかな。うん、当然モズもワルツを踊ることあるよね~humanなんだから(笑)。でも今までこういう絵は浮かんだことはなかったのでドキ。ちょっと固いかんじだけど、ジェシーの手をガシーっと握ってリードしてるモリシー何ともセクシー。

こういうエクスペリメンタル系モノクロミュージックビデオ好き。Mozのベストショットがないのがちと残念。他の被写体はよく撮れてるんだけど、モズは難しかったのかな。監督のこと調べてないけど、モズとはひょっとしてこの日が初対面だった!?エクスペリメンタルは撮る側と被写体との距離がもろ出るから面白い。あとカメラの角度が下からすぎたかな~もうちょっと上から撮ればモズの顔にかかる影が少なくなったかも。あとMozたち3人が走るシーンは一瞬すぎ、もっと残してほしかったな。細かくてごめんね。でもロケーションもいいし、フェンスや落書きのある壁に歩きながら触れる片手のアップ(子供の時よくやったな~)とか、彫像への光の当て方も素晴らしい。

モリッシーがこういう政治的な歌を書くとき、幼稚っぽいといわれかねないくらい単純な言葉をあえて使うところにすごく挑戦的な意思とユーモアを感じる。「アメリカ~君の頭はデカすぎ~♪」とか普通いきなり歌わないでしょ♡ 非英語圏の私たちでも誤解しようのないくらいわかりやすいメッセージにして、どこの国に行っても勇敢に発しているここ数年のモズを心から尊敬♡

この歌も"Save me"の連呼で終わればもっとクールなタッチになったと思うんだけど、おしまいに「ゲット」バックと「ゲットー」のダジャレを付け加えてチープにしてしまうところがありえない~惚れずにはいられない。

0 件のコメント:

コメントを投稿