2012/06/17

モリッシーはマンチェスターっ子に「フレンズ」と呼びかけた。

モリッシーの2004年マンチェスターアリーナでのライブがノーカットでアップされていたので、早速視聴した。youtubeサイコー!
Morrissey Live - Who Put The M In Manchester? (22/05/04)
ん~・・・いまのモリシーとくらべるとこの頃はまだ青臭くみえてしまうな。ソロになってからのモリシーに限っては、歳をとったいまのライブの方が格段にいい!若さによる気取りや衒いがなくなり動きが少なくなった分、歌に集中して一語一語に魂を込めている。オーディエンスに対しても彼なりに(?)とってもフレンドリーになった。この頃はスミス時代の青年モリシーから、今のエルビスモリシーへの移行期といったかんじかな。

この頃のバンド編成はバンド臭くていいんだけど、このアリーナのだだっ広さにはちょっと弱いかな。今のバンド編成ならドラマーは変わってもアリーナ楽勝だと思うので、来月のここでのライブが楽しみ。

このライブでよかったのは"I'm Not Sorry"(1:13~)。この曲沁みる~♡ "Slipping below the water line"って、とっても美しいライン。(こういう曲のときにハグしに行けたら最高・・・)
またこの曲ライブで演ってほしいな、Bozのアコギ一本とかいかが。そう、これもBoz作曲、何気に(?)こういうタイプの曲も書けてステキ!Alainがいなくなってしまった今、ゲイナには今まで以上に作曲能力を発揮してほしいな。Jesseさんもね~曲はまだ少ないけど"All You Need Is Me"みたいないい曲書けるんだから、あとはモズのお導き次第!?

しかし、地元マンチェスターで歌うってどんな気持ちなんだろう。地元といってもとうの昔に離れてしまった街、変わったとはいえいまだにスミス臭がする街。なるべく誕生日にライブしている街。懐かしいけど住民の反応が気になったり複雑なのかな・・・。

しかしマンチェスターアリーナってどうなの?フロアに人詰め込みすぎじゃない!?マンキューニアンのモッシュが非常に危険っぽい。音も悪そう。モリッシーにアリーナやフェスの大会場は似合わない。似合わないというか、客と距離ができるとモズのノリがいまいちになる可能性が…。でも、いま彼自身絶好調だし来月のライブは相当盛り上がるんじゃないかな。

マンチェスターのオーディエンスのこと、今回もまた「フレンズ」と呼ぶかな。ほかの土地では「フレンズ」とは呼んでいないよううな気がするけれど。そして私は来月そこに呼ばれに行く・・・のか!?

0 件のコメント:

コメントを投稿