2012/10/13

モリッシーは「("I Love You"は)優しく言ってくれない?」と言った。

広島公演の音源を聞いていたら、怒鳴るような声でモリッシーに"I Love You!"と叫んだ日本人男性がいたんです。それに答えてモリッシー、

"Can you say it "softly"?"

と言ってるんです。この意味はもちろん、

「("I Love You"は)優しく言ってくれない?」です。
"it"は"I Love You"のことを指していて、"softly"は「優しく、ソフトに」という意味ですね。

しかもモリシー、わざわざ(?)"softly"の部分をやさしく言ってるんですよ~笑える!

なぜ彼がそう言ったのかといえば、「"I Love You"は愛の言葉だから怒鳴って言われても嬉しくないぜ、優しく言ってよ」というニュアンスの小粋なジョークだったわけです。その前の観客とのやりとりにじれている感じもするので皮肉だったのかも!?いずれにせよモリシーらしい♡

このモリシーのひと言、まさか英語が苦手な日本人でも誤解している人はいないと思ってました。

しかし!最近偶然見かけたツイッターで、この言葉を言われた本人らしき人の、

『I love you Morrissey!!!」って叫び続けてたら「もう少し控えめに」って注意された。』

という書き込みを見てしまったのです。ショック~!!

"softly"は「控えめ」という意味ではございませんw!「やわらか、ソフト」という語源です。もっと英語勉強してくださいね~。そもそも控えめに「アイラブユー」ってどうやって言うの?笑

この人、フォロワーが1900人もいるんです。何も知らない人がこのツイートを読めば、モリッシーっていう人は、うるさい観客に「控えめに」って注意する人なんだと思ってしまうでしょう。

ファンならわかりきっていることだけど、モリシーは観客に決して「控えめに」なんて言う人ではないし、逆に観客が控えめで静かだと嫌がる人でしょ。言われた言葉が"I Love You"だったからこそ、それに反応して「優しく言って」と言ったんです。そこんとこわかってない人が一人でもいた(一応ご本人に説明しましたが、「やさしく」と「控えめ」の違いが理解できなかったようなので、英語力より日本語力の問題!?)なんて、ホントがっくし・・・。

以下のページで広島公演がダウンロードできるので、ぜひ聞いて確認してみてください。"M is M"の前のおしゃべりタイムのところです。
http://mozutd.tumblr.com/

いずれにしても、広島公演はファン必聴です。"There is a Light"はマジ感動、広島にこの曲を歌いにきてくれたのが音源からもひしひしと伝わってくる。

それにしても広島、一部の日本人の野次がひどいな・・・。ひさびさに広島公演を聴きなおして、色々書きたいことが出てきちゃったので、次回につづく・・・かも。


0 件のコメント:

コメントを投稿