2013/01/13

11歳のモリシーファン!?

NY辺りに在住のカイル君(11歳)、昨年に続き最近も毎回アンコールでモリシーにハグしにステージに上がっているけれど、この子本当にモリシーのファンなのだろうか・・・!?ちょっと心配。

11歳といえば小5でしょ、小5で今の円熟味溢れるモリシーのファンってありえるかなぁ・・・!?普通ならスポーツ選手やもっと他のポップスターに興味がいくと思うけど。
好きな曲があるとしても、小5であのモリシーのライブの感じを心底楽しめるだろうか・・・!?モリシーと心からハグしたい気持ちになるだろうか・・・!?親の影響を受けすぎているのでは・・・!?しかも彼の父親はモリシーに青いバラを渡すのに執着している人みたいだし・・・。

カイル君がモリシーに突進していく姿を見るたびに複雑な気持ち。痛い感じ。。まぁモリシーも彼の名前を呼んだり贔屓にしてるから、ステージに上がるのがお決まりになっているのかもしれないけれど。

現状カイル君も嫌々ハグしに行っているわけではないと思うし、この子なりにこのイベント(注目を浴びること)を楽しんでいるのかもしれないけれど、これくらいの歳の子って想像以上にデリケートで、必要以上に親の期待を察して無意識にがんばったりするから。。

私がカイルの親だったらライブには連れて行かない。高校生くらいになって本当にモリシーのことが好きって言うなら考えるかもしれないけど、それでも親子で最前に並ぶっていうのはちょっと気持ち悪いので、後方座席かな(笑)。

とにかく、子どもが親の操り人形にならないように注意してほしい。カイル君にモリシーのライブに行きたくなくなれば、ハグしに行きたくなくなれば、NO!といえるスペースが与えられているといいけれど。。それだけ。



で、ブルックリンは絶好調だったの~!?首も何ともなかったようでよかったよかった♡ 
ステージが膝くらいの高さだったってホント!?最前の人うらやましすぎる!!

6 件のコメント:

  1. 19日にPort Chester でこの子見ました。私自身15年ぶりのモリッシーのライブで、その後全然フォローしていなかったので、カイル君の存在も今週になって、初めて知ったのですが、"18歳以下お断り"のgigで、なんで子供がうろちょろしているのか、不思議でした。今思えば、顔パスだったのでしょうか。ただ、見かけたのは2階ラウンジだったせいか、ステージにはのぼっていなかったようです。そもそもこの会場はローカルな小さい劇場で、2週間前にSteve Miller Bandを見に行ったときは(夫に連れられて渋々行った)、指定席完売にかかわらず、standing floorものんびりしていて、観客も1階にいったり、2階に行ったりと”ゆるい劇場だな”という印象があったのですが、Mozのコンサートは、standing floorは、おしくらまんじゅう状態、セキュリティーガードがいっぱいの厳重警備で、自分の持ち場のエリア(2階ラウンジ席、1階指定席、立ち見席など)から一歩も出れない状態で、これじゃあ”18禁なわけだ”と納得しました。ここらへんはいわゆるウォール街のベッドタウンで、モリッシーのコンサートにくるのはスミス世代のイギリス人の駐在員くらいだろうと、タカをくくっていた私には、熱狂的なアメリカ人観客に驚きました。15年ぶりに見たモリッシーは”マッチョでダンディーなおじさま”になっていて、タコ踊りもなければ、だぶだぶのシャツもない、そのうえだて眼鏡もないのにびっくりしましたが、以前にもましての声量と声質(あの、胸板のおかげでしょうか)に感激しました。そのうえ、20年くらい前にくらべて、”俺はスミスじゃあもうない”という気合いが減って、お客さんが聞きたいものを聞かせてくれたような気がします。
    それでは、またうかがいます。

    返信削除
  2. kemeさん、こんにちは。コメントありがとうございます。Port Chesterといえば、突然"That Joke Isn't Funny Anymore"を歌った日ですね。うらやましい!!Soloにフル音源があがっていたので聞きましたが、凄いライブだったのが伝わってきました。

    私も昨年の日本公演からのファンなので、見た目の変わりっぷりは衝撃でした。それ以上に衝撃なのは、やはりあの「声」ですよね。最強、すでに神の域に入っていると思います。

    kemeさんはPort Chesterにお住まいですか?北米ツアーは3月まで続くので、機会があれば前の方(できれば最前列)で観られることをおすすめします!モリッシーの場合、後ろで観るのと前で観るのでは全く違う体験で、いわゆる宗教儀式のような感じでしょうか。ただ好き嫌いの感情を強烈に放出しているので、合わないと彼のことを嫌いになってしまう恐れがあります。でも一生ものの体験になることは間違いないと思います。

    カイル君、まだ追っかけていたのですね。カイル君にはSteve Miller Bandの方が断然お似合いですよ笑! Steve Miller Bandといえばアブラカタブラ♪(笑)。あの曲は好きになれないですが、Jet Airlinerは名曲!でもまだ活動していたのですね(笑)。

    返信削除
    返信
    1. さっそくのお返事ありがとうございます。私自身は15年前のCentral Parkでのコンサートでがっかりしたのと個人的な理由(いわゆる子育て)で、先週の土曜までMozのファンを15年ほど”お休み”していた者です。22年前の武道館では確かに"宗教儀式”していました。地下鉄の駅から武道館に向かって歩いていると、一人一人グラジオラスを手にした人がだんだんと増えて行く様は、始まる前からの異様さを表していました。私の隣に座っていた、大人しめのサラリーマンが、コンサートが始まると同時に、泣くや叫ぶは、終いには”あなたは神だー”と叫んで崩れて行ったのを思い出します。

      学生時代にこうやって他のファンの方と交流ができたら、私の青春も変わっていたかもしれません。腑に落ちない気持ちでJJで見たような服を着て出かけて行っても、うちに帰ってこっそりスミスを聞いているような生活してましたから、、、。(あのころは、フログもツイッターもインターネットさえありませんでしたから。)

      私の住んでいるのはニューヨーク郊外、いわゆるWestchester Countyと呼ばれる地域でPort Chesterはそのなかにある商店街の町です。自宅からPCまで15分くらいと、非常にラッキーでした。でも、コンサートはすぐにまさかのsold outで、立ち見席どころか、ネットでキャンセルのチケットを探すのに苦労しました。10月のRadio Cityや、NJなどの東海岸のコンサートに行けばよかった。ニューヨークにお越しの際はぜひお会いしたいですね。これからも、いろいろと教えて下さい。ブログ記事楽しみにしています。

      削除
    2. kemeさんは、22年前の武道館公演を観ていらっしゃるのですね!すごい!!22年前というと91年、ライブはきっとまさに"Live in Dallas"の感じですね!ちょうど昨日このビデオを感慨深く見ていたところでした、皆よく動いてるな~って(笑)。

      本当にそうですね!ネットが普及する前はどれだけ情報を集めるのが大変だったことか…(遠い目)。特にスマホが普及したおかげでモリシーのライブも毎公演必ず誰かがyoutubeにアップしてくれるし、極楽極楽~♪

      kemeさんは15年ぶりにライブを観て、モリシー熱が完全復活しそうですか!?私は今のモリシーだから好きになったようなもので、もし若い頃のライブをどこかで観ていたら、きっとファンにはなっていなかったと思います。なので、昔からのファンの方とは意見が合わないことが多いのです(とくに〇〇の頃が一番良かったとか言われても、正直(゚Д゚)ハァ?といった感じです~笑)が、よろしくおねがいします。

      削除
  3. しつこいですが、もう一言だけ。(どうも、この20数年間、だれともスミス/モリッシーについて語り合う機会がなかったので、この数日で気持ちがこみ上げてしまっているようです。ごめんなさい。)

    わたしは、今のわたしだから今のモリッシーが楽しめるのだと思っています。心の奥にフラストレーションをかかえて、隠れてスミスを聞いていた学生時代の私には、今の彼のよさはわからなかったと思います。数年前、彼はTVインタビューで"Age helps"と言っていたようですが、本当にそのとおり。わたしも心の中のいろいろな足かせや”茨”が次第に取れて来たような気がします。でも、”韓流のおばさん”のようなのりで、Mozを見ている自分にちょっと嫌悪感を感じてもいますが、、、。それにしても、この”へテロなフェロモン”はどこからくるのでしょうか。なにかあったのかと、勘ぐりたくなりますが、結局It's none of my businessですよね。

    返信削除
  4. いえいえ、こんな場所でよろしければご遠慮なく書き込んでください!

    ちょっと気になったのですが、学生時代のkemeさんに今の彼がわからないのはある意味当然ですよね!?あの時代にはあの若いくねくねモリシーしか存在しないわけですから。上に書いたのは、もし当時のモリシーのライブを当時の私が観ていたら、という観点です。自分がタイムトラベルした想定でアーティストについて語ってもあまり意味がないと思いませんか!?なるべくその時代と共に(同時代性)考えたいです。

    年齢・経験を重ねた今の自分だからこそ同じく年齢・経験を重ねた今のモリシーが楽しめる、というのはよくわかります。
    学生時代は相当なフラストレーションだったのでしょうか…もし未だに当時の何かが心のどこかに引っかかっているのなら、この際モズのシャツ投げと同時に手放してしまうといいかもしれません(笑)。

    フェロモン出まくっていますよね!ちょっとダーティーセクシーすぎる~♡ やっぱりライブは完全18禁にすべきです(笑)。

    返信削除