2013/07/15

3000万円の損害!?

Empresa que trajo a Morrissey a Lima ha perdido hasta ahora US$ 300 mil

西→英自動翻訳で訳したこの記事と、先日のTTYステートメントを総合的に鑑みて、今回の食中毒事件をまとめてみると・・・

・モズ様ご一行は土曜日、現地スタッフがおすすめしないレストランで、ペンネのトマトソースを食べた。

・約8名ではなく、モリシーとセキュリティーのリアムの2人が食中毒になった。うわごとを言ったり死ぬほど酷い症状だった。

・現地の医者が脱水症状に対しての十分な治療ができなかったので、5日間ほど寝込んだあと、モリシーはLAにもどって専門医に検査してもらい、今はたぶん大丈夫。

・モリシーの健康状態のためツアー保険はかけられていなかった(!)ので、リマ2公演のキャンセル分の損害は、諸費用合わせて約3000万円!主催者側はモズ側に損害賠償を請求する模様。

・リマの2公演はキャンセルされたが、チリ公演は5公演のみ8月に延期。

こんな感じかな。

リマ公演だけ延期しなかったということは、リマの主催者に医者の件で腹をたててしまったのかもね。
それにしても、リスクマネジメントがなってないよ~!異国の地での食事には細心の注意を払わないと。それでなくてもまだ病み上がりなのに~!もし本当に現地スタッフがお薦めしないレストランで食事して食中毒になったのなら、モズ側の責任が大きいね。3千万支払わないといけなくなるかも。そんな大金払うくらいなら、リマ公演は延期した方がよかったのでは!?うーん、すべてが悪循環すぎる・・・。問題がこじれて訴訟にならなければいいけど・・・。

不運は不運でも、今回はモリシー自身が呼び寄せてしまった感じもする。これからは石橋は叩いて渡ってね♡でも、ツアー保険もかけられない状態でこういう不祥事まであると、南米ツアー以降はプロモーターを探すのが相当大変になりそう。でもその方が身体を休められていいのかも。モリシーに神のご加護でも幸運でも何でもいいから、エニシング・トゥワイス!! 

あ~、頭に浮かぶブラック・クラウドのことは考えないようにしよう。。今は28日のブエノスアイレス公演で元気な姿をみせてくれることだけを祈りつつ。。アーメン。

0 件のコメント:

コメントを投稿