2013/10/23

活動再開は近い!?

Gustavo Manzur, Jr. appears on The Wave / San Antonio, TX - podcast (Morrissey-solo)

10月12日に録音されたこのインタビューで、グスタボが明るい展望を語っているぞ!

モリシーの健康状態は良好、LAやUKで最良の医者に診てもらっていて問題ない。今後のオプション(ツアーするか、レコーディングするか、同時進行か)はまだ決まっていないが、バンドメンバーもモリシーもやる気満々、準備万端。あとはマネージメントサイド、お金の問題・・・etc
僕らがまだやれること、やるべきことは沢山残っている、モリシーもいつかは活動に終止符と打つだろうけど、近々活動を終わらせることはないと信じてる、とのこと!イイネ!!

とにかくモリシーは歌詞だらけで、僕に送ってくるEメールはいつも詩的、彼がペンを置くことなんて想像できない。次のアルバムに2~3曲提供したいと思ってるんだけど、彼から誰も思いつかないようなタイトルがどんどん来るんだ。このタイトルにどんな歌詞がつくのかと思うと・・・etc

グスタボって、語りっぷりがとても頼もしい~。モリシーに忠誠を誓っているのが伝わってくるインタビュー。 モリシー自身も自伝にグスタボ含め今のバンドメンバーに心から信頼を寄せていると書いているし、ホントこのまま終わらせられないよね。

体調が良くなっているのなら、来年早々にはライブ復活あるかも!?ツアーの合間にサイン会もやってほしいなー。スウェーデンみたいに一人一人にたっぷり時間かけて、サインもタトゥー用サインもしてくれるのなら、もう徹夜してでも並んじゃうよ~♡

自伝UKチャートNO.1おめでとう!久々のNo.1ステータスよかったね!!
しかし、あちらこちらでずいぶんと叩かれてるね。。想像してたけど、やっぱりモリシーのセクシャリティってネタになるんだね。。でもこのタイミングで本人から「アイ・アム・ヒューマセクシャル」って宣言されても、なんだかなー。。それより、皆ジェイクとの関係ばかり取り上げて、ティナとのことはあまり話題にしていないのが不思議。使徒としてはティナとの関係の方が断然気になるけど。。

それにしてもモリシー、生まれた直後から今まで何度も死にかけたり、危険な目にあってるのね。メキシコでの誘拐未遂事件なんて、この自伝が初出なのでは!?
2011年のメキシコツアー中には、ステロイド点滴2本も(ダブルが好きね♡)お尻に打ってるし、結構前から体調悪いのかな・・・というより、いつもツアースケジュールが苛酷すぎるということなのかな。

はぁ~スマホの画面でモリシーの長文読むのきつい。。目が痛い。。早くペーパーバックとどかないかな。。



↓余談だけど、エジンバラやこれまで何度もステージにあがってる彼女、今回サインもらえなかったんだね。。直前で切られちゃったのかな?この仕打ちはきっつい。。これが自分だったらスカンジナビアのソイル食って立ち直れないよ。。でも彼女はタフなので大丈夫、また何度でもステージにあがるでしょう!



0 件のコメント:

コメントを投稿