2014/06/11

A sad day indeed...

は~モリシー・・・。残りの全日程をキャンセルせざるをえないほど具合が悪いことだけはtrue to usみたいね。アルバム発売直前のこの大切な時期にツアーが頓挫してしまって、本当にがっかりしていることでしょう。。今回の損害、ツアー保険でカバーできるのかな。。

でもこれ、ツアー前に予測できなかったのかな!?キャンセル報告のとき「想像できない」とか「予想外」とかいう言葉が必ず強調されているのが気になる。。

前ツアーより声も出ていて元気そうに見えたけれど、やはりこのタイトなスケジュールでは免疫力がもたなかったのでは!?精神的にはどんな状態だったのかな。。

いずれにせよKYにウィルスうつされたせいだと発表するのは(もし本当だとしても)大人げなかったね。保険対策かもしれないけれど。モリシー自身の言葉でTTYステートメント出してほしいな。

会場を大都市やフェスだけに絞って公演頻度を少な目にすれば、まだまだライブ現役続行できる気がするけれど、それだと経営的に無理があるのかなぁ。引退まで永久にこのパターンを繰り返すつもりなのかなぁ。はぁ。。

出来ればもう一度最前列に行きたいけれど、自分にはもうそのチャンスは巡ってこないような気がする今日。。会える時に会いに行ったから悔いはないけれど。。
Such a sad day today...so sorry...



0 件のコメント:

コメントを投稿