2017/11/28

インタビュアーによる元記事(The Sunday Times)

モリシーにインタビューしたChrissy Ileyのサイトに、彼女によるオリジナル記事が掲載されました。とてもいい感じ♡
The Sunday Timesのインタビューはこの記事を元に編集されています。編集者によって変に手を加えたり削除されている箇所が結構あるので、オリジナルだけか両方読んだ方がよいと思います。

以下は特にシェアしたい箇所の要約です。 ※( )内は私のコメント・反応

1.お酒の話をしているときに、モリシーは彼女がテキーラ好きだと言うことを当てた!(サイキックか!?)ちなみにモリシーはテキーラは飲まない。人々がテキーラをひっかけるやいなや豹変するのを見るのが怖いそう(笑)

2.「シーフード」じゃなくて「シーライフ」→「海の食べ物」なんてものはない
  「ワイルドライフ」じゃなくて「フリーライフ」→動物が「野生」なのではなく、人間が檻に閉じ込めていないだけ

3.彼女にオーストラリアに行くことを勧める。「思ってるより近いよ。飛行機で22時間はあっという間」(オージー愛は初耳。日本はもっと近いよ!)

4.彼女はモリシーの脇に座って話をしたが(ソファー)、見られるのが居心地悪そうで彼女の顔を直接見て話すことはほとんどなかった。興味を持つ話題も少なく話がはずまないので、結果的に彼が興味のある政治的な話が多くなってしまった(ような書き方)

5.「今まで生きてきた中で一番の親友は猫たち」と言うモリシーは、猫アンバサダーになるかも!?行く先々で特に猫を助けたいと思っている様子(今度来日したら谷中銀座に行ってみてね♡)

6.これはThe Sunday Timeの記事の方にもあったのですが、「デートはしたことないけど、自分はシンガーという天職があるから幸せだ」というようなことを言った時、彼女が「その両方はもてないの?」と聞くと、「無理だった。人生に導びかれるまま。君は導かれてる?君は何かを犠牲にして成功したの?」と聞き返します。
彼女はその質問にショックを受けて言葉につまってしまいます。(やっぱり私生活を犠牲にする覚悟でシンガーをやっているのかと思わせる興味深いコメント)

7.言葉につまった彼女にモリシーが問いかけたのは、「今まで居た所から飛び出した時、君は人生で何を目指していたの?」


0 件のコメント:

コメントを投稿